四柱推命の知識★無料占い

作用<通変星

通変星(つうへんせい)とは、五行相生(そうせい)、相尅(そうこく)、比和(ひわ)の関係を言葉に当てはめたものです。

比肩(ひけん)、劫財(ごうざい)、食神(しょくしん)、傷官(しょうかん)、偏財(へんざい)、正財(せいざい)、偏官(へんかん)、正官(せいかん)、偏印(へんいん)、印綬(いんじゅ)の十個の名称があります。※鑑定のときにはこの分類をよく使います。

四柱推命では、生まれた日の天干のことを日干(にっかん)と呼びます。日干を自分自信のこと我(われ)として、他の柱、年、月、時、また、大運(だいうん)、歳運(さいうん)などの干を見て通変星を出します。

日干と対する干がプラスとプラスまたはマイナスとマイナスの関係のときは偏をつけ、日干と対する干がプラスとマイナスの関係のときは正をつけます。

上の図の中心、我の所に各五行を入れて、我を生ずる五行、我と同一の五行、即ち、比和する五行、我を尅する五行、我からもれる五行、我から尅する五行を定位置に入れると、各通変星を知ることができます。

上の図は一例です。我の場所に、甲乙丙丁戊己庚辛壬癸(こうおつへいていぼきこうしんじんき)の各天干を入れて、五行の生(せい)、尅(こく)、洩(えい)、分力(ぶんりょく)、比和(ひわ)を見れば通変星がわかります。

通変星比肩劫財(ごうざい)を比和といい、正財偏財を分力星(ぶんりょくせい)と呼び、正官偏官(官殺)を尅神といいます。そして、印綬偏印をもって生扶の神と呼んでいます。劫財は日干が陽の場合、敗財とも呼びます。

四柱推命で鑑定してみますか?
>>メニューを表示


占い師達があなただけのために直接鑑定します

口コミで人気のおすすめ電話占いのご紹介!